タグ別アーカイブ: 利尻島

豊富温泉湯治旅行2019年GW-7日目

2019.5.3(金)

昨日の雨も上がり、朝は晴天。
太陽が気持ちいい日差しを届けてくれる。
少し肌寒い感じもするけど、走るにはちょうど良い気温。
7時ちょっと前に起きて、水分少しとってからジョギング。
今日はフットパスを行こうってことで、少しコースを変更。
温泉街から旧豊富小学校のほうへ向かい橋の手前を 右に。
砂利道で大きめの石もあって走りにくい部分もあるけど、
自然の中を走れる。気持ちがいい。
また今日も二人でジョギングしてました。
ぐるっと1周しただけだと、2.5kmくらいしかなく、
物足らないので、温泉街1周を追加。3kmちょっとジョギング完了。

朝ごはんもたくさん食べてしまいました。
トレーニングして、ご飯も用意されてて、温泉もあって、これ以上ないね。

日々のルーチンとして、朝風呂へ。
ふれセン9時半くらいに行って入る。
湯船には3人くらいしかない。ねらい目の時間だわ。

そのあとはヨガへ。
今日もなかなかのトレーニング的な感じだった。
いや、僕が固いだけかもしれないけど、
足を延ばして腰を立てるっていうのが結構きつくて。
前屈するのは結構つらい。
普段伸ばすようにしないとだめだなーとか思いつつ、怠けてしまうのです。
参加者数は25人くらい。まぁまぁの混みよう。
大盛況ですね。

昼はかきあげ丼。
美味しくいただきました。

午後はせっかく晴れているので、サロベツ湿原センターに連れていってもらいました。
カメラを片手に散策。
ミズバショウが咲いていたり、黄色いエゾノリュウキンカという花が咲いていたり
まだまだ寒いけど、春の訪れを告げるきれいな花がみれてよかった。
そして、渡り鳥の群れも。
きれいに三角に並んで飛んでいる群れがいくつも。
遠くを飛んでいたかと思えば、近くに来たり。
鳴き声が聞こえたと思えば、真上を飛んでいたり。
なんか真上を飛ぶと結構迫力あるよw
そして、撮るの難しくて、まったく撮れませんでしたw
目に焼き付けた!

その後、温泉街に戻ってきて、ふれセンでブログ書いたりしてました。
今回はキャンプしてないけど、コーヒーはいつでも淹れられるように
コーヒー豆、ミル、ドリッパー、ペーパーフィルター、水筒、カップを持参。
ちなみに、バーナーとケトルも持ってきたけど、お湯は旅館で用意してもらえるので
いらなかったなー。
こういうのをそろえておくと、いざというときにも役立つ。
コーヒーを飲みながらまったりです。

そのあと、今度は夕日を見に行こう!というとこで、稚咲内へ。
天気は良かったんだけど、遠くには薄くもやがかかる状態。
すっきりは晴れないんだな。
でも、これはこれでいい景色を見れたと思う。
豪快な波の音を聞きながら、利尻のすそ野にゆっくりと沈む夕日を眺めて
大自然を満喫です。
そうそう、暖かくなってきていますが、めちゃくちゃ寒かったです。
結構厚着して、風もシャットアウトして、手袋しないと凍えるw
まだまだ冬って感じの北海道最北端ですね。

旅館へ戻り、晩御飯。
今日からは湯治パックもなく、GWの一般料金になり、すこし豪華。
少し?
いや、かなり豪華でしたwww
おなかいっぱいです。

夜、旅館の温泉にざぶん。
この滞在中に初めて入ったかも。
深夜に近かったので、誰もいない。
アブラも結構多めな気がしたな。
ヌルっとする感じがあって、ここでも湯治がちゃんとできるのがいい。
旅館に泊まる一番のメリットは清掃時間中以外ならいつでも入れるところかな。
ふれセンは21時で閉まるし、朝は8時半まで待たないとならないからね。

そんな一日。
後半になって、盛りだくさんになってきました。

利尻登山を計画中。

今年は利尻に登山しようと思ってます。
登山は初心者だし、ガイドを頼んでもいいかなとも思ってます。
どうしたら登山できるか、ちょっと調べてみました。

決行は夏休み。
期間的には8/8~8/16のどこか。

羽田発 稚内着 – 飛行機
10:30 – 12:20

稚内発 利尻(おしどまり)着 – フェリー
16:30 – 18:10

島の宿泊施設で一泊

早朝から登山
昼に登頂
下山が夕方
調べたところ、登り5時間、下り4時間の計9時間。
休憩1時間いれて10時間くらいか。
朝は5時に登山開始すれば、15時に戻ってこれるかな?

利尻(鴛泊)発 稚内 – フェリー
17:10 – 18:50

そこから、誰かに迎えに来てもらい豊富温泉へ・・・
みたいな流れにしたいんだけどwwww
誰か迎え来てくれる?w

会社の休み(有休)が取れれば、8/7に飛行機で飛んで8/8に登山してからの
豊富宿泊がいいな。

まだまだ計画だけど、誰かこの計画に便乗してくれる人とか
僕をガイドしてくれる人いたら一緒に行きましょうよ。

<参考>
・利尻ネイチャーガイドサービス – 利尻島登山(鴛泊往復コース)
http://www.maruzen.com/tic/guide/index.html

・ハートランドフェリー
http://www.heartlandferry.jp/rishiri/jikoku.html