セカンダリータービン、止まってんじゃねぇのか!?

わたくしのFD3Sですが、もうかれこれ乗り始めてから10年経ちました。
色々修理しつつ乗ってきていますが、先日、今度はターボがかからなくなりました。
ブースト圧がプラスにならない、加速が止まってブレーキがかかったような状態に・・・
おもわず「セカンダリータービン、止まってんじゃねえのか!!?」と言いたくなりましたが、残念ながらプライマリータービンから回ってませんwww
まったく踏めないので加速もせず、恐る恐るアクセルを開けて走ることはできるけど
なんも面白くないw

お世話になっている車屋さんに持って行ったら、ソレノイドバルブでした。
そんなわけでASSY交換で対応してもらって元気に戻りましたとさ。
もう2002年式ということで製造から20年経っているわけですよ。
どんどん部品も製造されなくなって手に入りにくくなるし
手に入りにくいから高くなるし。
旧車は本当に愛着がないと持てないなーって思う。

今、この世代のスポーツカーは高騰している様子。
大事に乗ってあげたいな、って思う今日この頃でした。

ちな、修理代10万な!
アイドリング異常も出てたから、とりあえずプラグコードも交換してもらった。
いよいよ次はエンジンオーバーホールか・・・?

106,000km
・ソレノイドバルブASSY交換
・プラグコード交換
・スパークプラグ交換

豊富温泉湯治2021夏

2021.8.11 – 15
本当は10日に豊富に行く予定だったが、フェリーが終日休航で島から出られずに1日遅れで現地入りした。
アトピーの状態は正直結構げんなりな状態だった。
首を掻きむしり血だらけ。
タオルを巻いてなんとか移動してたけど結構つらかった。首はもちろん回らない。
7月くらいから調子を崩し始めて、一瞬よかったときもあるけどいったん悪くするとよくなるまで時間がかかったり全然よくならなかったりする。
かさぶたになるとかゆくなってかきむしってやり直し。もう精神的につらいよね。

あまり日にちがないので今回は結構まじめに湯治してみた。
1日2回~3回、1回1時間弱入る。
そして出た後はしっかり休む。
やっぱり温泉はいったあとはすごく体がだるくなる。
だからその感じに正直に何もせずただひたすら休む。寝る。
からだのほてりがなんだか気持ちよく感じるよ。
そんな感じでいたら、もう温泉入った翌日からまったく掻かずにいられた。
不思議だなー。本当に豊富温泉は僕にとって効果抜群なんだなー。

さて、まぁ湯治だけというのも味気ないのでいろいろ散策に連れて行ってもらったりもした。
中頓別から浜頓別へぶらり旅。
お茶漬けを食べに。おいしかったです。

そして、鍾乳洞なんか行っちゃったり。
そういえば後半はずっと晴天で気持ちがよい天気だった。
日差しは少し暑いかな、と思う時もあったが、基本的には過ごしやすい気候でかなりよかった。これが利尻のときにあれば・・・・とずっと悔しく思っていた。

あまりコロナで大勢でワイワイすることはできないので、新しい出会いはなかったけれど、知り合いにあって近況を話し合うのはすごい楽しい。
普段がまったく味気ない生活を送っているせいか、豊富での生活は色鮮やかな感じするんだよね。僕の心のオアシス。

ずっと晴れだったので、ペルセウス座流星群も見に行くことができた。
たまたま大規模草地にいく、というので連れて行ってもらえて、これまた何年振りかわからないくらいの満天の星空を眺めることができた。
この星空はいくらでも眺めていられるな、って思う。流れ星もそこそこ見れて、大満足な旅になった。
あ、湯治にいったんだったw

いつものスキーロッジでは夏カフェも営業中。
おやつを頂きにいったり。

何年ぶりだか、忘れてしまうくらい行っていなかったレティエにもいってきた。
ひさしぶりのジェラートもかわらずおいしかったです。

さすがに4泊5日は本当にあっという間。
やはり利尻で足止めを食らったのはもったいなかった。
今度は豊富拠点にして動きたいな。

利尻山に挑戦した2021年夏だったが登頂できなかった

2021.8.8
いつものように夏休みは豊富で過ごす予定だったが、宿が連泊できなかった。
それならば、と思い前々から行ってみたかった利尻にいってみようじゃないか、と思い立ったのだ。
予約したときは調子よかったんだけど、7月くらいから悪化し始めてきて・・・行くときは結構しんどいなって思いながら。

あまり天気を気にしていなかったのだが、土曜日まではよかったらしい。というか、北海道全土で30度を超えるような天気。ここでこれだけ暑いのは初めてなのでは?
宿はシェアハウスみたいなところでドミトリーに泊まった。
その日に天気予報を見るともうずっと雨ですよ、という。
ただ明日はまだ何とかなるかも・・・?という根拠のない期待を胸に日曜日登ることにした。

当日、ふもとはギリギリ雨がふっていない程度の曇天。風はそこそこ吹いていて肌寒さもあるような天候。
まぁ持ちこたえてくれるだろうか、、、なんて思いながらいざ登山開始。


歩き始めは調子よく登れた。
最初の汗が一番かゆくなりそうな痛いような感じだが、それも慣れてくると滝汗のように流れ、気持ちよくなってくる。
普段の運動不足もあいまって心拍数はどんどん上がる。
ペースをあまり上げないようゆっくり上がる。

第1見晴台と呼ばれる6合目はそこそこふもとが見えた。
いい景色。はれたらめっちゃいいのになー。ほんとに。
風がびゅーびゅー吹いていて、若干雨もつよくなってきた。
ここで雨具装備。

そして7合目にして横殴りの雨。
ソロで怖くて、二人組のパーティーに話しかけた。このままいく?いかない?
まぁでもここまできて登らない、という選択肢は彼らにはあまりない様子。

8合目まで来たが、やはり雨。
その先から尾根伝いになり、晴れていれば山頂も望める立地だが・・・
雲の中で、嵐。
低いところにあった木々はなく、もう森林限界なので笹のような植物しかない。
もろに風と雨が来る・・・

やっとの思いで山小屋まで・・・
中で休憩しながら周りの様子をうかがいつつ、みんな降りるか登るか考えているようだった。
僕はもう体力の限界も感じていたし、これだけの雨風が強い中登る自信もなくなって降りることにした。
レインコートの外側は雨でびしゃびしゃなのはもちろんだが、汗で内側まで濡れてしまったし、そのまま登るのも寒い。
そもそもあまり防寒のことを考えていなかった。
こんな装備で大丈夫か?って聞かれたら「大丈夫だ、問題ない」とはいいがたい。

そんなこんなで下山開始。
8時半くらいだったかな。
ふもとに降りたのが11時くらい。
かなりダッシュでおりた感じする。。。
もういやだーーーーーって思いながら。
そしてふもとの温泉に入り、バスの時間までゴロゴロしてから宿へ戻りました。

そんな初の利尻登山でした。
3泊あればどこかいい日もあるだろう、とおもっていたけど、ずっと雨風が強い日が続いて、結局帰る日はフェリーが欠航して利尻に閉じ込められた状態。
まさかの4泊することになるとは・・・・
何かとハプニング続き・・・

なかなか大変な思いをしたけど、これもいい経験かなと思いました。
また機会をみて挑戦したい。
で、やはり登山は晴れた日にしたい、まじで。

うに丼は一応食べたけどあまり感動なく。
数年前に礼文で食べたうに丼のほうがおいしかったなー。
こんぶの佃煮がおいしかったです←

豊富温泉湯治2021GW

2021/5/1 – 5/9

この冬は2月くらいになぜか結構調子を取り戻し
その少し良い状態をキープしたまま過ごせていた。
なのでちょっと楽。
血が出ない、出てもすぐ直る、枕が汚れない、一応夜寝れる。
そんな状態が良いとしているわけだが。

そして今年もやってきました豊富温泉。
去年のGWは緊急事態宣言も出ていたのでお家で自粛。
去年の夏は一応ひっそり来てました。
そしてそれ以来の滞在となりました。

来てみて寒さにびっくり。
前半は時折、雪が降るほど。
この時期はまだ侮れない。
一応ダウンジャケットは持ってきていた。
ただ、部屋の中は温かいので、別に半袖でもよい。
どこかに出かける、長時間外にいる、みたいなシチュエーションが予想されるなら
防寒着は持ってきたほうが良い。

後半は温かくなってきた、とはいえ、やはり寒い。
風が強い日が多かった。
びゅーびゅー吹いている。
こんなに寒い日が多かったかなー?なんて思ったり。
宿には暖炉があって、火がゆらゆらしているのをぼーっとみるのもなんかよかった。

ふれセンは10時開店。
入ることはできるが、休憩室がないので、上がったあとに行く場所がない。
となると、湯治客や仲間と会う機会がめっぽう減る。
行く場所がなくて暇。

そんなことをつぶやくと、方々からお誘いがあって
ぼかぁしあわせだなー
なんて思ったりしていた。
ありがとうございます。
豊富では有名人でも帰ったらゴミです。

何人かと2人で食事する機会を頂けて
色々お話することができて、それはよかったこと。
みんな苦労しているけど、そのなかに楽しみだったり、打ち込めることだったりを探して
生きているんだよなーと思ってみたり。
人生いろいろ。

行く場所がなく、みんなトナカイ牧場。
この8泊9日で、3回いくw

あっという間に8日が過ぎ、明日を残す限り。
普段忙しすぎて、しんどい、って思いながら、もう少しで豊富だ、とラストスパートな仕事の仕方をしてきたので、帰るのがしんどい
またあの生活か・・・とも思ってしまう。
仕事を任せてもらって、成果が出せて、褒めてもらえる時もあるから
そういうのはうれしいことだけれど、
アトピー持ちながら人一倍がんばっているのが、ちょっと辛い時もある。
これからを考えてもよくわからないし、どうしたいのかもわからないけど・・・。

一日、2回、朝晩しか温泉には入っていないけど
顔はすべすべしてくるし、いい調子。
温泉がいいのか、それとも、ストレスフリーだからか。
やっと温泉に入るのに慣れてきたな、と思ったら終わりだもんなー。もっと居たい。
朝晩とにかくがっつり食べてるから、太った気がする。
いっぱい出てくるんだもん。ついついね。

気が向いたら外を歩く。
時々ランニング。
なんかちょっとシャッフルダンスやってみたくてランニングマンっていうダンスだけやれるようになろうと思ってやっていたけど、かなり体力使うことが分かった。
15分も走るとへろへろ。
うーん、体力つけたい。

最終日は稚内で時間があったので、ぶらぶら。
それにしても風が強すぎる。
ダウンじゃないと寒い。
最後は海鮮丼をいただく。うろこ亭にて。
稚内駅から徒歩10分くらい。

そんな感じ。
ただの日記でした。

株主優待券で空を飛んで豊富温泉に行こう

日々、新型コロナウィルスの感染者が増加しています。
どうなってしまうのか、不安ですよ。
治療薬やワクチン開発の早期の発売を待ち望んでます。

さて、そんな昨今、日経平均は一時の底を取り戻し、コロナ禍前に戻りつつありましたが
実感的には、経済は回らないのでめっちゃ下げてもおかしくない状況だと思っています。
というわけで、今日は株の話をちょっとしようかな。

僕はひそかに株取引してます。
将来は配当で暮らせないかな・・・なんて思っています。(夢物語~)
その中で僕が持っている株、全日空の株をご紹介。
業績が悪くて2020/4/28に無配を発表。2020/4~6月期の業績も赤字と、最悪な状況。
そりゃ、旅行なんて行く人もいないだろうし、そもそも飛行機飛ばしてないし当たり前。
そういうこともありかなり株価が下がっております。
そんなANAの株、どうして持っているの?というと、
株主優待券がもらえるから。

株主優待券って何?
企業が株主に対して、自社商品やサービスなどを割安で提供する、という株主還元の一環なんですよね。
これが株数に応じて年に2回もらえるわけですよ。

ANAの場合、国内航空券が定価の半額で買える割引券なわけです。
航空券って高いですよね。
早く予約すればするほど、割引されていて安くは買えるけど
すぐ行きたい!とか、予約わすれたー、とか
今まさに、行けるかどうかわからないけど、行けるようになったら行こうかな・・・
くらいな気持ちでいるときは、優待使うほうが安く買えるわけ。
この優待券、JALの株を持っていてももらえます。たぶん、同じような内容の割引券が。

さて、なぜ、ANAを持つか・・・
それはもちろん、羽田-稚内直通便がANAしかないから!!!w
そう、豊富温泉にいくのにこれ以上に便利でお得なものはないでしょう!
(まぁ、関東圏内の人だけに有効かもしれないけど・・・)

ANAの株価、最近めちゃくちゃ下げてます。
底が近いのではないか?とも思います。
コロナ禍の先が見えないなか、まだまだ下げる可能性も高いですが、
アフターコロナでは確実に上がる株と思って、10年単位で持ち続ける覚悟があれば
いいチャンスなのでは?

2020/7/30現在、2161円。
100株で、21万。
400株までは、100株ごとに優待券1枚/半期。(決算月に株主である必要があります)
僕は今200株あります。見事に含み損が数十万ですがww
400株までは持っていてもいいかなって思ってます。
どこまで下がるか見守りつつ、チャンスを狙っていきますかね。

※投資を勧めるものではありません。投資は自己責任で。