利尻山に挑戦した2021年夏だったが登頂できなかった


2021.8.8
いつものように夏休みは豊富で過ごす予定だったが、宿が連泊できなかった。
それならば、と思い前々から行ってみたかった利尻にいってみようじゃないか、と思い立ったのだ。
予約したときは調子よかったんだけど、7月くらいから悪化し始めてきて・・・行くときは結構しんどいなって思いながら。

あまり天気を気にしていなかったのだが、土曜日まではよかったらしい。というか、北海道全土で30度を超えるような天気。ここでこれだけ暑いのは初めてなのでは?
宿はシェアハウスみたいなところでドミトリーに泊まった。
その日に天気予報を見るともうずっと雨ですよ、という。
ただ明日はまだ何とかなるかも・・・?という根拠のない期待を胸に日曜日登ることにした。

当日、ふもとはギリギリ雨がふっていない程度の曇天。風はそこそこ吹いていて肌寒さもあるような天候。
まぁ持ちこたえてくれるだろうか、、、なんて思いながらいざ登山開始。


歩き始めは調子よく登れた。
最初の汗が一番かゆくなりそうな痛いような感じだが、それも慣れてくると滝汗のように流れ、気持ちよくなってくる。
普段の運動不足もあいまって心拍数はどんどん上がる。
ペースをあまり上げないようゆっくり上がる。

第1見晴台と呼ばれる6合目はそこそこふもとが見えた。
いい景色。はれたらめっちゃいいのになー。ほんとに。
風がびゅーびゅー吹いていて、若干雨もつよくなってきた。
ここで雨具装備。

そして7合目にして横殴りの雨。
ソロで怖くて、二人組のパーティーに話しかけた。このままいく?いかない?
まぁでもここまできて登らない、という選択肢は彼らにはあまりない様子。

8合目まで来たが、やはり雨。
その先から尾根伝いになり、晴れていれば山頂も望める立地だが・・・
雲の中で、嵐。
低いところにあった木々はなく、もう森林限界なので笹のような植物しかない。
もろに風と雨が来る・・・

やっとの思いで山小屋まで・・・
中で休憩しながら周りの様子をうかがいつつ、みんな降りるか登るか考えているようだった。
僕はもう体力の限界も感じていたし、これだけの雨風が強い中登る自信もなくなって降りることにした。
レインコートの外側は雨でびしゃびしゃなのはもちろんだが、汗で内側まで濡れてしまったし、そのまま登るのも寒い。
そもそもあまり防寒のことを考えていなかった。
こんな装備で大丈夫か?って聞かれたら「大丈夫だ、問題ない」とはいいがたい。

そんなこんなで下山開始。
8時半くらいだったかな。
ふもとに降りたのが11時くらい。
かなりダッシュでおりた感じする。。。
もういやだーーーーーって思いながら。
そしてふもとの温泉に入り、バスの時間までゴロゴロしてから宿へ戻りました。

そんな初の利尻登山でした。
3泊あればどこかいい日もあるだろう、とおもっていたけど、ずっと雨風が強い日が続いて、結局帰る日はフェリーが欠航して利尻に閉じ込められた状態。
まさかの4泊することになるとは・・・・
何かとハプニング続き・・・

なかなか大変な思いをしたけど、これもいい経験かなと思いました。
また機会をみて挑戦したい。
で、やはり登山は晴れた日にしたい、まじで。

うに丼は一応食べたけどあまり感動なく。
数年前に礼文で食べたうに丼のほうがおいしかったなー。
こんぶの佃煮がおいしかったです←


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です