株主優待券で空を飛んで豊富温泉に行こう


日々、新型コロナウィルスの感染者が増加しています。
どうなってしまうのか、不安ですよ。
治療薬やワクチン開発の早期の発売を待ち望んでます。

さて、そんな昨今、日経平均は一時の底を取り戻し、コロナ禍前に戻りつつありましたが
実感的には、経済は回らないのでめっちゃ下げてもおかしくない状況だと思っています。
というわけで、今日は株の話をちょっとしようかな。

僕はひそかに株取引してます。
将来は配当で暮らせないかな・・・なんて思っています。(夢物語~)
その中で僕が持っている株、全日空の株をご紹介。
業績が悪くて2020/4/28に無配を発表。2020/4~6月期の業績も赤字と、最悪な状況。
そりゃ、旅行なんて行く人もいないだろうし、そもそも飛行機飛ばしてないし当たり前。
そういうこともありかなり株価が下がっております。
そんなANAの株、どうして持っているの?というと、
株主優待券がもらえるから。

株主優待券って何?
企業が株主に対して、自社商品やサービスなどを割安で提供する、という株主還元の一環なんですよね。
これが株数に応じて年に2回もらえるわけですよ。

ANAの場合、国内航空券が定価の半額で買える割引券なわけです。
航空券って高いですよね。
早く予約すればするほど、割引されていて安くは買えるけど
すぐ行きたい!とか、予約わすれたー、とか
今まさに、行けるかどうかわからないけど、行けるようになったら行こうかな・・・
くらいな気持ちでいるときは、優待使うほうが安く買えるわけ。
この優待券、JALの株を持っていてももらえます。たぶん、同じような内容の割引券が。

さて、なぜ、ANAを持つか・・・
それはもちろん、羽田-稚内直通便がANAしかないから!!!w
そう、豊富温泉にいくのにこれ以上に便利でお得なものはないでしょう!
(まぁ、関東圏内の人だけに有効かもしれないけど・・・)

ANAの株価、最近めちゃくちゃ下げてます。
底が近いのではないか?とも思います。
コロナ禍の先が見えないなか、まだまだ下げる可能性も高いですが、
アフターコロナでは確実に上がる株と思って、10年単位で持ち続ける覚悟があれば
いいチャンスなのでは?

2020/7/30現在、2161円。
100株で、21万。
400株までは、100株ごとに優待券1枚/半期。(決算月に株主である必要があります)
僕は今200株あります。見事に含み損が数十万ですがww
400株までは持っていてもいいかなって思ってます。
どこまで下がるか見守りつつ、チャンスを狙っていきますかね。

※投資を勧めるものではありません。投資は自己責任で。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です