豊富温泉湯治2018年夏 – 7日目


2018.8.17(金)
夜中は雨がすごい。
もうごーごー。
よくテントで寝たよなって感じ。

朝になっても止まず。
ご飯は、カップスープ。
お湯を沸かすだけ。
いやー、こういう食生活よくないねー。
でもテントはゴミの処理が大変だから、あまり料理はできないわ。
買ったところに捨てに行くというサイクルw

朝一で温泉へ。
その後、ぽっけにレンタカーを借りに。
今日から来る友達を空港まで迎えにいくというミッション。
12時間借りたけど、9:30~17:30までと、全然12時間じゃないコース。
しかも、ガソリンいれて洗車して、っていうのが30分くらいはかかるし
最寄りのGSが車で15分くらいだから、少なくとも16:45くらいにはGSに行ってくださいとな。
なんかいまいちゆっくりできないから、借りるなら朝返すコースのほうがいいかも。
それがあるかは知らんけどw

稚内までは車で1時間弱。
10時半くらいに出たんだけど、そのころには雨も止んで青空が!
ひっさしぶりの太陽!!
めっちゃいいドライブ日和じゃないですか!!!
太陽が見えるだけでこのうれしさ。
やっぱり太陽は偉大だなーw

友達を稚内空港で拾ってお昼は漁師の店へ。
いつも行くと結構混んでいるんだけど、今回はガラガラ。
ゆっくりランチ。
いやー、やっぱ新鮮でおいしい。
海鮮丼とツブ貝、ほっき貝とほっけを焼きました。
ちょっと少ないんじゃない?と言われたけど、これくらいでちょうどいいな。

漁師の店から出るとき、シカの群れに遭遇。
でけぇー!

そのあと買い物したりしてから豊富方面へ帰る途中、
ヒッチハイクしてる青年を発見。僕は全然気づいていなかったけど、友達が気付いて。
ボードに「豊富町」って書いてあったよ!っていうから
ちょっと親近感沸いて、乗せてあげようかなって思ってぐるっとUターン。

日本全国をヒッチハイクで旅している24歳でした。
チャリとか車で日本一周はやる人いるけど、ヒッチハイクとはw
最北端まできてここが最後だとか。
で、もう帰るところの様子でした。
少しずつ乗せてもらって、だんだんと南下する予定だそうで、豊富町と書いていたんだって。
何かの縁だね!w
たぶん、旭川とか掲げてたら僕は拾わなかったと思うわw

その人と豊富まで一緒に行くことに。
途中、天気がいいからやっぱりアトリエ華行こう!ってことになって
ヒッチハイカーの彼も道連れw
それはそれで旅の思い出になるかな?w

華について景色を期待したんだけど残念ながら利尻はみえず。
ただ、草原の景色はよかったので、それをみながらまったりおしゃべり。
久しぶりに行った気がするけど、カウンターに座ってぼーっと景色を眺めながらお茶できるのはリラックスできていいね。

1時間弱、お茶して帰路へ着く
豊富のGSまで行って、彼とお別れ。
今日、行けるところまで行く、という話をしていたので、ヒッチハイクがうまくいくことを願って・・・

洗車と給油を済ませて無事に友達を宿へ送り届け、レンタカーを返却し・・・
一息ついたところで今度は別グループと稚内へ夕食に・・・wwww
1日2往復ってどんだけ!!w
でも、誘ってくれるのはすごくうれしいし、夜ごはんも特段決めてないので助かる。

行く途中の夕日がきれいで、若干利尻も見えてよかった。

最初に行こうと思っていたお店はもう一杯。
次もいっぱい。
次の次もいっぱい。
いやー、やはり金曜の夜、なかなか予約なしでは厳しいか!
結局、くるくるというお好み焼き屋さんへ。
ちょっと味濃い目。
いや、僕がソース塗りたくったせいか、それは・・・w

そんなこんなで稚内満喫な一日。
帰ってきたらもうふれセンもやってなくて、川島旅館の日帰りに入るか!ってことで
一緒に入ってきた。
ずっとふれセンの加水状態の温泉に入ってたから、川島の温泉の濃さにびっくり。
やっぱり濃いんだなーって思った。
露天風呂が熱すぎて、板でかき混ぜて冷ましたせいで、沈殿してた湯花がぶわーって広がったところにつかったからかもしれない。
これはでもみんな好んで行くのもわかるわ。

そんな一日。
いやー、ホント、満喫しすぎな一日。
ここで朝から晩まで遊べる人、そうそういないぞ?w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です