温泉レポート 川島旅館編


豊富温泉 川島旅館

ナトリウム塩化物泉
ph 7.9 弱アルカリ性

最初に入ったときはそれほど思わなかったけど
ずーっと入ってると、石油臭がする。
石油臭っていうのが僕はイメージ沸かなかったんだけど
ここにきて、石油臭とは何なのかを知ったww

簡単に言うと、灯油のニオイ。
石油ストーブに入れるあれね。

でも、それほどきつくない。
きつくないけど、しっかりにおうw

湯花がかなりあります。
カスみたいなやつ。
濃い茶色に緑を混ぜたような色で水深10センチくらいの透明度。
油が浮いているのがわかります。

入浴してみると、適温。
40度から41度くらいじゃないかな?
熱めと言われていますが、普通でした。
そこまで熱いとは思いません。
喜連川の露天に慣れてるせい?www(あそこは45度とか普通ですからww)

訂正。
朝は比較的温度が低いです。
夕方になると、温度が高くて、結構熱くなります。
17時半に入ったときは、41度以上あったと思われます。

傷にはしみません。
ちなみに、僕は普通のお風呂入ると、痛くて入っていられませんでした。
そんな中、この温泉は全然平気!
しょっぱいけど、しみないのは、不思議だよね。

しっとりとしてくる感じ。
すべすべしてくる。
というか、アブラがついて、ぬるぬるしてくる。

入りやすいお風呂でした。
ちょっと深いので、泳げますw

湯上りもさっぱり。
ニオイがきついから入れない、という人もいるみたいですが
それほどじゃないと思います。
ただ、独特のニオイはしますけど。

こんなレポートは誰でもできるので
僕にしかできないかな?と思うことをやろうかと。
といっても、動画撮っただけですがwww
参考になれば、幸いです。

You need to install or upgrade Flash Player to view this content, install or upgrade by clicking here.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です