アトピーの人はかわいそう、と思っていないか。

アトピーの人って少なからず、孤独感とか、自分を卑下しがちなんじゃないかと思う。
周りの人は、健常者で何事も問題なく生活している。
楽しそうにしている人を見て、いいな、と思ってしまう。
皮膚がかゆい、いたい、見た目がわるい、つらい。。。どうして自分だけ・・・・
そんなことにいつも思い悩まされている。
孤独に病気と闘っている人も多いと思う。

アトピーフリーコムという活動団体をご存じだろうか?
僕は豊富温泉に行くまで知らなかった。
いろんな活動をしている。
アトピーの最新情報を発信してくれたり、アトピー患者の日常を記事にしてくれたり、
講演会や懇談会を主催してくれたり。
豊富で行われたアトピーフォーラムも開催しているが、僕もそこに演者として登壇させてもらった。
そんな縁もあり、今では会員になり、定期的に送られてくる会報誌を楽しみに読んでいる。

今号の記事で少し思うところがあった。
アトピーの人に対する意識の向け方というべきか、考え方というべきか。
心理カウンセラーの加藤隆行さんの記事です。

みなさん、アトピーの人はどうだと思っていますか?
かわいそう・・・って思っていませんか?
何を隠そう、自分もそう思っていたり、人から「かわいそうにね」って言われたり。
かわいそう、かわいそう、かわいそう・・・
これってなんか、かわいそうという人が上から目線なんだなって。そして、これを言われたら、自分が下になるわけですよ。
これがよくない。

人からもかわいそう、自分自身も自分のことをかわいそう・・・
かわいそうだから助けてあげる。
かわいそうだから助けてくれるのが当たり前でしょう?
そうなったら、依存体質にどんどんなってしまう。

最近僕は会社でうまくいっていない。
それは、依存体質だったからかもしれないと、最近気づいた。
言われたことだけやる、指示待ち人間。
主体性がないね、って指摘される。
20代のころはそれでなんとか仕事してきたけど、30代中盤に差し掛かり
それでは仕事がまわせない状況になってきた。
いや、自分はアトピーがあってかわいそうなんですよ。
だから、言われたことだけやることで精いっぱいなんですよ。
そんな気持ち。
まぁ、社会人としては甘ちゃんだろうな。これは。

アトピーの人が自立するには、まず、自分をかわいそうと思わないことかな。
そう思った。
そういう時期があってもいいけど、いつかは気づいてちゃんと自分の足で歩く必要がある。
かわいそうと思っている人同士が集まると、なれ合いになる。
これはなんだか、建設的でない、生産的でない。と思う。
人生楽しむには、主体的に動いてその結果を味わうことかなって。

病は気から。
気持ちを上に向けて。
気持ちを前に向けて。
自分はアトピーで大変だけど、かわいそうじゃない。
やりたいことをできない制限はあるかもしれないけど
やれることを思いきり楽しむ気持ちに切り替えて。
そう気づかせてくれる記事だったかなって思った。

もし気になる方がいたら、アトピーフリーコムの会報誌を。
2ページくらいの記事だったが、今の自分に刺さる内容でした。

会報誌発送しました。今回で43号となった会報誌。無事、180箇所程度の宛先に発送できました。5名の力を合わせ、20ページの会報誌が2時間程度で印刷、封入できました。佐川ゆうメール便でお送りしてますので到着まで2週間程度かかる方もい…

アトピーフリーコムさんの投稿 2020年7月4日土曜日

豊富温泉湯治2020夏の陣

コロナの影響でGWは行けなかったので今度こそは行きたいな、と思って計画しました。
しかし、どうにも不安です。
7月は羽田-稚内のANA便が欠航でした。
8月はどうなることやら・・・
でも、やっぱり行きたい。
僕の心のオアシス・・・

航空券はおさえた。
宿も予約した。
あとは、飛行機が飛ぶのを祈るのみ。
たのむー!

【FD3S】タイヤ交換&ブレーキパッド交換【整備】

久しぶりに車関係の話をしていこうかと。
相変わらず、FD3Sに乗っております。RX-7です。
そろそろ10万キロも間近。
この車に乗り始めて9年経ちます。
全然飽きません。
今見ても古さが全然ないもんね。

さて、今回の整備は、タイヤ交換とブレーキパッド交換です。
何を隠そう、前回タイヤを交換したのが、2015年7月でした。
ちょうどオーリンズの車高調を導入したタイミング。
サーキットも行っていたので、ハイグリップラジアルが欲しいと思い
Federal RS-R595をはいていたのでした。
ただ、このタイヤを長期間はいている人は少ないんじゃないかと。
ひび割れたかなり進んでて、いつバーストしてもおかしくないかも・・・
なんて思いながら乗ってました。
あほです。

今回、何にしようか・・・と正直悩みます。
最近サーキットも行ってない。
愛知のワインディングはどこにあるかよく知らない。
正直な話、愛知に来てからあまりドライブしてませんでした。
なので、そもそもハイグリップラジアルいるか?という話。
整備してもらってるお店の店員さんに相談したら
「街乗りならうちはこれをはいてるお客さんがおおいですよ!」
って言われたのが
Direzza DZ102
https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/sport/dz102/
スポーツタイヤでバランスよさそう、かつコスパよさそう。
ということで、それに決めて交換してきました。

あいにくの雨であまり試せてはいないですが、印象としては
・めっちゃ静かになった!!
・突き上げが少ない!!乗り心地よくね???
という感じ。
いや、好印象です。
しかし、まぁ、街乗り程度なので高速度領域でどうか、はさっぱりです。
街乗りは最高ですが。

同時にブレーキパッドも交換しました。
あと4mmしかないよー、って車検の時に言われてたので。
前はディクセルのエクストラスピードを入れてました。
まぁこれもサーキットデビューするときに入れたんだよな。何年前だよ。
そこそこ効きはいい感じでした。ちゃんと止まるかんじ。
今回交換のパッドは詳細はしらないですが、純正同等品らしい。
これはまだ当たりがついていないので、なんとも言えないですが、印象は
・ソフトな制動力(初期制動は弱い感じ)
・奥で効くイメージ
でした。
まぁ、街乗りなら問題ないっす。
もう少しあたりがついてからだと印象が変わるかも。
いずれにせよ、新品っていいっすね。って話。

さて、足回りが新調されたということで
こうなってくると、ワインディングを流したくなりますよねー。
どこかにいい道がないかな。
群馬にいたら、赤城とか榛名とか行くのに・・・。

ちなみに、部品代、工賃で今回はざっくり12万円でした。
給付金、ありがたく使わせていただきました。
経済を回すぜ。

最後になりますが、
整備の過程で新たに不具合発覚しました。
ブレーキキャリパーが固着気味、ということでした。
ブレーキ掛けるたびにカコカコ音がするなー、とは思っていましたが、それかな?
放置するとブレーキが引きずるようになり、車検通らないらしい。
次はこちらのメンテをお願いする必要がありそうです。
さすが、18年落ちの車。
メンテに事欠かない!w

年式 2002
走行距離 98,653km

新型コロナウィルスのせいで豊富温泉に行けない

今年のGWもいつものように豊富温泉に行こうと思っていた。しかし、コロナの影響で自粛となり、ふれあいセンターも閉館していることもあって、泣く泣くキャンセルとなってしまった。豊富温泉に行き始めたのが2010年のことだから、今年で10年目になる。毎年2回、GWと夏休みを利用して湯治に行っているが、こんなことになるのは初めてだ。行かなくなる時は、豊富温泉が枯れた時だけだと思っていたのにね。

アトピーの調子はというと、毎年のことながら、春先はやはり悪くなる傾向にある。ただ、今年は4月中旬まで、そこそこの状態をキープしてこれていた。何より夜にかゆくて起きる、とか、朝起きた時に掻きすぎて痛くて動けない、ということがない。これが何よりうれしいことか、アトピーの人にしか理解されないかもだけど、そうなのだった。

コロナの影響で行くかどうか迷っていたが、次第に状況も悪くなり、緊急事態宣言も発令されたので、いよいよいけないと思い、航空券や宿のキャンセルをした。楽しみにしていただけに、かなり残念だけど仕方ない。そうした矢先、だんだん調子が悪くなっていった。顔や肩、首をかいてしまう。時にかゆくて目が覚めたりする。昔ほどではないけれど、時々そういう症状もでてきた。うーん、やはり温かくなってくるとなぜかフツフツと湧き上がるようにかゆみが出てくるんだよね。

そんなわけで実家にも帰らず、アパートで一人、GWを過ごすことになった。業界の事情でもともと10連休が、休業も加わり11連休。長い、一人で過ごすには長すぎる!と思うが、いや、別に一人でいるの好きだから全然問題なかったwアトピーの調子も浮き沈みがあり、まぁ人に会うのもちょっとやだなーっていう気持ちもあったからかもしれない。

一度だけ、豊富温泉仲間とオンラインで話す機会があった。こんな時だからこそ、いろいろ話せる仲間がいるのは、気持ちが楽になるし、すばらしい。一人でずっといたから、久しぶりにしゃべった。みんな大変だけど、なんとかやっているんだなって思う。つらいときは寄りかかって。

今は緊急事態宣言がほぼ解除され、5月25日には首都圏も解除される。これで全国的には緊急事態ではなくなったということになるが、第2波は必ずやってくる、という予測もある。8月の夏休みまであと2か月ちょっとあるが、そこに第2が重なったら、また豊富温泉に行けなくなってしまう。どうなるかわからないけど、夏こそは豊富に行きたいな。ほんとに。

アベノマスクはいまだに届かないが、特別定額給付金が国民全員に10万円配られていて、僕にも先日振り込まれた。これを軍資金に夏の湯治旅行を計画しようと思う。

2019年が終わるので今年のまとめを書いてみる

放置してました。
ネタがないわけでもないんだけど、書く気になるほどすごいことかというとそうでもない。
休日は瞬く間に過ぎていくし、平日はほぼ毎日22時まで仕事している。
そんな日々を送っております。
転職して環境が変わり、また、少しチャレンジングな仕事に携わることになり
悪戦苦闘の毎日でございます。
そんな働き方を続けているせいか、心の消耗が激しくなってるので、危険な感じはしています。
僕には向いていない部分が多いのかも?と思うことも・・・
転職した意味とは?みたいな感じにもなるが、いや、前職よりはいいと思っているのでいい。
お金もらいながら勉強させてもらっている感じになっているので、学べることはたくさんあるように思う。けど、心身の限界に挑んでいるようになってしまっているなと、最近思う。
必死にやっているように見えて、どこか他人事のように感じてしまっている。
生きるって難しいなー。
会社の中がいろいろ変わってきているが、それに流されないようにある程度は自分の意思をもっていろいろやっていきたい。
けれど、そういうのが苦手ということに気づいた。
やりたいことってなんだ?自分はどう思っているのか?みたいなの、あんまりない。
よく「何がしたいの?」と問われることがある。
そう聞かれると、途端に思考停止してしまう。
いや、あなたの言われたとおりに仕事したんですよ、って言いたい。
でも、それじゃだめな環境なんだなって気づいた。
目的ゴールはもちろん最終的には利益を出すことだ。でも、自分はどうしたいか、だ。
自分がしたいことをやりつつ、組織としての成果を出すことを求められる。
なかなかレベルが高い。
そして僕はあまりやりたいことっていうのがない。上の言う通りにやってりゃいいやろ、っておもって今まで生きてきた。そういうところからいきなり自分自身の意思を出せと言われても何もでてこない。
考えるっていうのは実はすごく難しいんだなって思った。
答えのある問題は本当に少ないんだなって。だから、自分で答えを見つける。その答えに根拠を持つことが本当に大切。
自分の頭で考えてこなかったツケが今回ってきた感じ。
答えはググって見つけることだと、情報収集してその中からよさげなものを探すことだと思っていたからね。
そういうところでカルチャーショックを転職して1年経って実感している。

自分の性格として、真面目とか完ぺき主義っていうのがあると思っている。
失敗は怖いし、何を言われるかびくびくしてしまう。
完ぺきな答えが出ないと悩んでしまう。
しょーもないところに気が行って、すぐ本線からずれる。
いくら考えても完ぺきにならないことが多い。
完ぺき主義だからこそ、いろいろ息が詰まる。
考え方を変えないとだめだって思うけど、30年以上も生きてきて今更変えるのは難しいね。

プライベートは特に変化していない。
仕事に追われる日々。
そして気持ちに余裕がなくなった一年でした。
でも、とりあえず、生きてます。
あーなんか面白いことねーかなー。(他力本願)

どう閉めようか。
あ、そういえば、富士山登りました。(9月頭に)
天気もめっちゃよくて、ご来光もすばらしかった。
心配していた高山病にもかからず、始終楽しく登ることができた。
いい経験ができたなと思う。
登山する仲間ができたこともよかった。

世の中、働き方改革やワークライフバランスと騒がれているが
世間一般はそうかもしれないが、自分は一体どうしたいのか、真剣に考える必要があるって思う。
生活を充実させることを優先したら、技術力はなくなるんじゃないか・・・・?
仕事に振りすぎると、しんどくなるんじゃないか・・・・?
じゃあ、僕はいったいどういうのが一番快適に思えて、それを実現するためにどう行動するのか?
いやー、まじでムズイ。
33歳になってこんなこと悩んでも遅いのか?しらんけど。

アトピーに悩まされた20代を過ごしてきた。
もう生きるので精いっぱい。
最近はそりゃ完治はしていないけど、なんとなくよくなってきた感じがする。
ステロイドは塗ってないけど、保湿はしてる。
あとは健康的な食事を心がけている。めっちゃ質素。
そういう意味で僕の社会人人生はやっと始まったのかな?みたいな気持ちもある。
でもやっぱり、年齢がここまでくると、もうなんか焦りしかない。
この焦りって他人との比較からくるんだろうな。
周りのことを気にしないで、自分らしく生きる。
そういうの苦手。まじで。
外に答えを求めないで、自分に耳を傾ける勇気を持ちたい。

あと7時間くらいで今年が終わる。
いい一年だったか、と言われると、そうでもないかもしれない。
でも長期的に見れば、ここが踏ん張りどころかもしれない。
あと50年とか寿命まであるわけで、長いなーって思う。
だからこそ、大きく俯瞰的に今年をとらえて、少しでも心の負担を軽くできるようにしよう。

今年もお世話になりました。
また来年も、豊富温泉の湯治旅行をメインで、気が向いたら更新していきます。
よければ読んでいただければ、幸いです。

ではでは。。。。よいお年を。