豊富温泉2018年GW – 9日目


2018.5.6 (日)
朝風呂は気持ちがいい。
それができるのは旅館に泊まっている特権だよね。
川島旅館のお風呂はそこまで混むこともないので、ゆったり入れる気がする。
30分くらい。
もちろん温冷浴してる。

朝ごはん。
パンとご飯を交互に、とか言ったけど、おかずがごはん向けなんだものw

ブログ更新して、ふれセンへ。
コンシェルでお話してました。
ふれセンで売っているトマトジュースを飲んでみたら結構うまい。
はまりそうw

お昼は湯の杜ぽっけで昼食会に参加。

入る前に、太陽の周りに虹がかかっているよ!ってきいて上を見上げたらおお!
本当だ、リング状のものが!
ちょっとラッキーだった。
でも、まぶしくて全然みえねぇwww

伝承の会のみなさんが作ってくれた郷土料理をいただきました。
野菜中心の料理なのでヘルシーで美味しい。
ビュッフェ形式で自分で取り分けられるけど
種類が多くて少量取って行ってもお皿に乗りきらないほど!
これだけ種類があるのはいいね。色々なものが食べられるし。

かぼちゃのぜんざいもいただきました。
甘すぎない優しい味でおいしい。
毎日デザート食べてる気がして、だから甘さが少ないのはちょっといい。

そのままぽっけで談笑。
いや、ながながと3時間くらいいてしまったね。
でも楽しかったわ。

そのあとまたふれセンへ行って温泉に20分くらい。
一般に入ったらやっぱり結構暑くて体力を取られる。
でも上がった後、休憩室で大の字で寝るっていうのが一番幸せかもしれない。
疲れるから深く寝れるし、それが気持ちいい。

どこかに行けば誰かしら知り合いがいるので
いつも仕事と家の往復しかしてないでふさぎ込んでいる自分にとっては
そういう環境がすごくありがたい。
気の合う仲間がいて他愛のないおしゃべりができるのがいい。
アトピーが背景にある達だからこそ、理解があるし心も開きやすい。

そんなわけで夕食前もあともいろんな人といろんなお話してました。
悩みは絶えないし、アドバイスをもらえるのはすごくうれしい。
でも、結局は自分で考え自分で行動しないと意味がない。
そういうことから逃げてきた自分にとっては、今回はいい機会なのかも。
がんばろう。

夕食とデザート。
最後の晩餐。

夜は早めに就寝。
湯治2回、1時間。
9日あってもあっという間だなー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です