FD3Sのパワーウィンドウスイッチが壊れた


定番トラブルらしいです。

いや、あせったね。
気分よく窓開けて走ってて、
帰ってきてさて、窓閉めよう・・・

カチッ・・・

・・・

カチッカチッ・・・

・・・

おおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいいいい

そんなわけで、修理します。

なかの基板はこんな感じ。
こうなってます。

AUTOってあるじゃないですか?
一回スイッチ入れたら上がりきるまで、もしくは下がりきるまで
動き続けるやつ。
あれ、スイッチの接点をソレノイドで引っ張ってるんだね。
原始的だわwww

今では、挟み込み防止機能もあって、マイコン使って制御するんだろうけど。
当時はそんな思想さえなかったんじゃないかしら。
設計自体は20年前の車ですので。
(初期型は1992年ですもの)

さて、問題の箇所は、そのスイッチを動かす棒。
折れてます。
オーレ!(違

そこで!
接着剤の登場です。
便利!

塗って、固定します。
硬化中

そして、できあがって、FDに戻した図がこちらになります。
パワーウインドウスイッチ直る

・・・

!!

えっ?って思ったでしょ?

ね?w

いや、接着剤でつけるって、
応力かかるところはダメだわwwww
わかりきってはいたけど、一応ね。
試して見たけど、やっぱりすぐ折れる。
だめだこりゃと思って方向転換。

さて、まずは新品を・・・
2万超えます。
無理。

中古をヤフオクで・・・・
1万6千円。
高い・・・しかも、同じ構造だし使っててまた折れる可能性大。
意味ない。

と探しているうちに、
キャロルと同じだよ!っていう記事に出くわし
キャロルのパワーウィンドウスイッチ物色。
4000円くらいでゲットして、そのままつけましたwww
配線は少し入れ替えないとだけど、あとはポンヅケ

少し浮いてるけど、付いてりゃいいやwwwww

というわけで、ひとまずこれで行きますwwww
だれか、FD3Sのパワーウィンドウスイッチを格安で譲っていただけたら
うれしいですwwwwww


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です